読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンパル峠の真下から

峠を越えるのは大変なので真下から上を眺めてみようね

大阪市北区茶屋町火災の原因は?死傷者は?

PR
f:id:ryupanda:20170410105231j:plain 大阪で火災があった。
付近は騒然とした様子で、多くの消防車などがつめかける様子が見て取れる。
出火原因はいったいなんだろうか。
火元はどこなのだろうか。
もともとの通報は近くに住む男性からのもの。
炎症面積は70平方メートル。
4LDKくらいの広さが燃えたことになる。
しかも、付近の店舗などにも延焼し、かなり大規模な火災となったが、幸いにも、死傷者は0だ。
場所は靴店「SteP茶屋町店」だ。
飲食店でないので、ガスコンロからの出火などは考えにくい。天ぷら油が、とかでもないのではないだろうか。
一般的に他に考えられるのは、放火、たばこの不始末などだ。時間が午前1時25分ころ、というから深夜帯だ。こうなってくると、放火、という場合も捨てきれない。
あとは電気系統の漏電などもありうる。こうして、さまざまな原因を推測していくと、実際、ふつうに暮らしていて、火災というものに我々は本当に注意をは割らなければならいことがわかってくる。

火災は怖い。
炎はすぐに広がる。
自分で火の不始末に気を付けていても、放火などというものもあるのだから。
本当に気を付けなければならないだろう。

ホテルニュージャパンの火災などを思い出す人もいるだろう。あの火災の翌日に日航ジャンボ機墜落事故などがあったが故に、印象が薄くなってしまったが、あれは日本史上まれにみる大災害、大火災だったのだ。

あれをきっかけとして消防法なども改正され、かなり安全な社会が生まれたはずなのだが、それでもやはり火災そのものはおこりうる。

ただ、今回犠牲者がいなかったというのも、こういった法改正によるものも大きいのでないだろうか。