ジャンパル峠の真下から

峠を越えるのは大変なので真下から上を眺めてみようね

島嶼防衛用目的の名目で対北朝鮮攻撃兵器を手に入れようとする日本のしたたかさ

PR
f:id:ryupanda:20170902120439j:plain
北朝鮮がミサイルを発射したことで高まる この脅威
そうなのである北朝鮮のミサイル発射と言うのは日本にとってものすごく大きなインパクトを与えた
これによって防衛費は間違いなく増額されるだろう
島嶼防衛用のミサイルなどの新規開発予算なども計上されておりこれは基本的には尖閣諸島など対中国の防衛兵器の研究開発という名目ではあるがこのミサイルは 改良することで弾道ミサイルに近いもの若しくは トマホークの様な人工ミサイルのようにも使うことができると言われている
そうすることで日本は北朝鮮に対する敵基地攻撃能力を得ることができるのであるいたしかしながらまだ西武の議論を進んでおらずこのように政治のレベルにおいてはまだはっきりとその是非が固まっていないことを常に技術開発を行ってしまって良いのかと言う様な声もちまたにはあるようである
なんにしても北朝鮮がミサイルを発射するというのは日本人にとってはまやどうにもならないことでありそれを 指をくわえて見ているのかという様な声も多い
最近ではシェルターなどの需要も増えており この核シェルターと言うのはぜひから核攻撃を受けても一定期間生存することが可能であるような設備である
一血100万円から数千万円の値段がするものであるが お金のある富裕層はこれらのシェルターを購入し何かあった時に自らの家族がそこに逃げ込める様になっている
そうするとお金のある日本人は助かるがお金のない日本人は助からないというようなそういった世界がそこには生まれるのだろう
それもちょっと複雑である
まあ何にしても 核戦争が起こる様な事態になったらもうそんな世界はこりごりだと言う人も多いかもしれないね二